SW2まとめ…だった

ソードワールド2.0情報まとめだったブログ。SW2.0ダイスアプリ、3人用人狼”バケネコ”

2017年03月04日

ポストカードゲームをつくろう(2)

ポストカード1枚とおはじき(マーカー)を使ってカードゲームをつくってみる連載の第2回。



最初にポストカードのサイズを調べてみました。
官製はがきも年賀状も、横100mm×縦148mmですね。

プリンターを買ったときにプレゼントで「キャノン写真はがき・光沢」の100枚パックを貰っていたことを思い出しました。
|光沢|厚み標準(0.224mm)|横100mm×縦148mm|

年賀状の試し刷り用として配っていたものだけあって、官製はがきと同じサイズですね。
手元に現物があったので、今回はこれを使っていきたいと思います。

A4用紙との違いですが、やはり、厚いし、硬いですね。
A4は説明書としても頼りないくらいの感じでしたが、ポストカードはゲームボードとしても使えそうな感じです。

試しにちょっと前につくってみたアメフトのフィールド図を印刷し、ドラスレのマーカーとコマを載せてみました。
poster01.jpg

やはりゲームボードとして使えそうな感じです。
A4用紙のように風でめくれる心配や、裏面の印刷(情報)が透けて見えるということもありませんね。

片面に切手と郵便番号枠があるのもA4との違いですね(ない用紙もあるんでしょうが)。
そうそう「宛先をかき、切手を貼れば、そのまま投函できる」と点もA4用紙との違いです。

誰かに(どこかに)送ったり、誰かから(どこかから)送られてくるという工程を経てゲームが完成するような、大胆なゲームもできるかもしれません。



なんて考えていくと、ポストカードゲームの縛りにおはじき(マーカー)を使うというのは、縛りとして不適切な気もしてきます。
posted by ああ七文字 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ポストカードゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447591526
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック